両面印刷ののぼり旗の活用ポイント

標準

差が出るお店のアピールに役立ち、集客効果が
期待できるのぼり旗。

文字でアピールポイントを確実に
伝えたいところですが、通常の
のぼり旗の難点は表裏があること。

裏面に書かれている文字は反転されて
しまうため、通行する人が
読み取れない可能性が生じます。

特に街道沿いなど交通量の多い場所では、確実にメッセージを伝えたいところ。

そこで役に立つのが、両面印刷されたのぼり旗。
正しい方向の文字や模様が両面印刷されるか
貼り合わされています。品揃えが豊富

どちら側から見ても正確な読み取りができるため、
設置した後は風で表裏が変わっても影響がありません。

表面と裏面で違うデザインにするのも可能で、
インパクトを与えたい時もおすすめです。

両面印刷のぼり旗を使用する際、注意するのは
通常に比べ重みがあること。

設置時に支えるポールが折れる可能性はゼロではないため、
強風用のポールを使うと良いでしょう。

風に左右されない両面のぼりを活用すれば、最大限の宣伝効果を生むのも
不可能ではありません。

のぼり旗を屋内で使用するポイント

標準

のぼり旗といえば、お店の外に出しているのをよく見かけます。
そのため、屋外で使用しているイメージが高いと思います。

わかりやすいしかし、屋内であっても場所を考えればいくらでも
設置することができます。

のぼり旗の基本的な使い方は、ポールに入れて
店の宣伝をすることです。

屋外だったら通行人の妨げにならずに置くことができます。
ただし屋内だと、買い物をしている人の邪魔になる他、
怪我をする危険もあります。

その場合、設置方法を工夫しなくてはいけません。
旗はポールに入れるだけでなく、バナーのように
壁に貼ることができます。

壁に貼ることで、商品が目立つようになり、購入率がアップする効果があります。
買い物客の妨げにもならないので、トラブルになる可能性も低くなります。

他にも、垂れ幕と同様の使い方や、立体的に装飾するなど、工夫次第で
様々な使用方法があります。覚えやすい

のぼり旗はポスターよりも大きいので人の目を引き付けやすいです。
宣伝したい商品の近くに設置することをおすすめします。

のぼり旗を小ロットで制作するには

標準

のぼり旗は、商売、特に店舗を使った商売をしている
ところにとってはかなり大事なものです。インパクトが強い

チラシなどを配るのもセールなどの情報を伝えるためには
必要なのですが、通りがかった人に対して簡単に
アピールできるのぼり旗は無くてはならないものと言えます。

しかし、こののぼり旗、小ロットで作成を依頼すると
どうしても単価が高くなりがちです。
これはなぜかというと、最初に製版が必要となるためです。

ロットが大きければこの初期費用を按分できるため
単価が安くなるわけです。見積もりで比較

ただ、小ロットに向いた印刷方法もあります。

それがインクジェットによる印刷です。
発色などは通常のシルクスクリーンなどより
落ちる点はありますが、何と言っても
製版不要なので、小ロットでも
単価が安くなることが大きいでしょう。

また、フルカラー印刷が可能な場合も多いので、
写真などを使ったのぼり旗も作成できます。

個人店などでは時期ごとのセールなどに
小ロットののぼり旗が必要になることも多いので、
単価が安いインクジェット印刷を行う業者で
検討してみてはいかがでしょうか。

のぼり旗でインクジェット印刷にかかる予算の立て方

標準

設置場所の重要性web上に展開しているのぼり旗インクジェット印刷を
行うメリットとしては、まず格安でのぼり旗を製作できて、
しかも鮮明なデザインによる印刷を行うことができる点です。

スーパーや飲食店などの店頭に設置するだけで
賑やかな印象を持ち、集客などの向上をも
たらすこともできます。

新規でのぼり旗を製作する場合には、その製作のための
予算がかかり、それがどのくらいかかるかを
あらかじめ計算しておくことが重要なポイントです。

まずのぼり旗インクジェット印刷を行う上でかかる
費用には、のぼり旗のサイズによる料金、仮に
デザインデータの制作を依頼した場合には
その料金、チチの色、棒袋縫いなどの
オプション費用がかかります。心がけること

これはのぼり旗一枚を製作する上で必要となる
費用で、枚数が必要であれば、掛け合わせることで
費用を算出することが可能です。

もちろん同じデザインののぼり旗だけでなく、
色とりどり必要となる場合は、同じように
費用もかかっていきます。

その他に生地を防炎加工にしたりする場合や
のぼり旗を入れておく袋代など
場合によっては必要となります。

忘れてはならないのは、掲げるためののぼり竿・ポール、
位置に固定するためのスタンドや注水台、暗くなっても
見える様にするためのピカのぼりを揃える場合が
あることです。

実際にそれらの品々は掲げるまでに用意すべきものとして、
揃えておいた方が良い物です。

もちろんのぼり旗インクジェットを行う通販サイトでも、
これらの付属品などをのぼり旗と一緒に扱っており
販売しています。

ホームセンターなどで購入することができるケースが
ありますが、のぼり旗インクジェットの通販サイトで
一式を購入した方が自動見積もり機能があるため、
予算が立てやすいメリットもあります。