両面印刷ののぼり旗の活用ポイント

お店のアピールに役立ち、集客効果が期待できるのぼり旗。

文字でアピールポイントを確実に伝えたいところですが、
通常ののぼり旗の難点は表裏があること。

裏面に書かれている文字は反転されてしまうため、通行する人が
読み取れない可能性が生じます。

特に街道沿いなど交通量の多い場所では、確実にメッセージを伝えたいところ。

そこで役に立つのが、両面印刷されたのぼり旗。
正しい方向の文字や模様が両面印刷されるか、貼り合わされています。

どちら側から見ても正確な読み取りができるため、設置した後は
風で表裏が変わっても影響がありません。

表面と裏面で違うデザインにするのも可能で、インパクトを与えたい時もおすすめです。

両面印刷のぼり旗を使用する際、注意するのは通常に比べ重みがあること。
設置時に支えるポールが折れる可能性はゼロではないため、
強風用のポールを使うと良いでしょう。

風に左右されない両面のぼりを活用すれば、最大限の宣伝効果を生むのも
不可能ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)